子供の存在に感謝していますか?

普段のかかわりの中では、つい忘れがちになっていることのひとつに、
他人に対する感謝があります。
特に子供に対しては
存在してくれていることへの感謝の気持ちを忘れがちです。

子供がなかなか言うことを聞いてくれない時には、つい
「○○してくれたらいい子なんだけど」
なんて言っていませんか?
これには裏を返せば、「○○しれくれなければ悪い子よ」という
脅迫のメッセージが含まれています。

出来て、あるいはやって当然という考え方が
ありありと表れています。

子供は敏感にそのことを感じ取りますから、
こんな言い方をしたところで、やってくれないか、
やってくれたとしても、あなたのご機嫌を取るために言うことを聞いただけなので、
根本的な解決にはなりません。

こんな言い方に対して、
「○○してくれたら、とっても助かるなぁ」とか
「あなたが○○してくれたときは、すごく嬉しかったのよ」という風に、
その行動に対して自分が母親としてどんなに感謝しているかを伝えると
子供はやる気を起こします。


私はこのことを学んだときに、
自分はいつも母親から脅迫的な言い方をされていたなぁ、
そして、そんな風に言われると、
まったくやる気をなくしていたんだったなぁと思い出しました。

つい言ってしまいがちな言葉ですが、
そのせいで子供はいつまでたっても言うことを聞かず、
自分のイライラはつのるばかり・・・・という
悪循環になってしまいます。

「ありがとう」「あなたがこうしてくれると助かる」「嬉しい」
という感謝の気持ちを言葉にしてみましょう。

きっと何かが変わってきます。

自分がハッピーになりたければ、まず
自分の心の持ち方を変えること。

自分の心の持ち方をちょっと変えることで、
口に出す言葉が違ってきます。
そうすると相手の気持ちも行動も変わり、
お互いにとっていい循環を生み出すようになるのです。

眉間にシワを寄せたお母さんではいたくないですよね?
さあ、早速試してみましょう♪

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:子供の存在に感謝していますか?f


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事