脳幹がHelpと叫んでる!

健康な体は幸せの基本、
いつも健康でいたいものですが、
体の健康と、心や気持ち、脳の働きとは密接な関係があるようです。

調子が悪いときに、その原因が分かっていれば、
お医者様の力を借りなくても
症状を和らげることができることもあります。
病気や症状を、脳の働きからとらえてみましょう。

人の脳は簡単に言うと、
身体の基本的な機能をつかさどる脳幹、
その周りを取り巻く本能脳、
さらにその周りを取り巻く理性脳から成り立っています。

その三つは互いに影響しあってバランスを保っているのですが、
何らかの原因で理性脳が本能脳を押さえ込み過ぎてしまうと、
その影響で脳幹がキャパシティー・オーバー、
つまり「もう耐え切れませ~ん」という状態になります。

脳幹は心臓や胃、腸、呼吸、体温の調節、ホルモンや免疫機能など
身体の基本的な機能を担っていますから、
そこがキャパシティー・オーバーになると
病気や症状として現れてきます。

よく聞く、ストレスで胃腸の調子が悪くなったという話も、
理性脳が本能脳を押さえ込んでストレスになっているんですね。


そう考えると、病気や症状は、
「脳のバランスが崩れていますから、自分の体に注意を向けなさい」
というサインだととらえることができます。

なぜそうなったのか、どこのバランスが崩れているのか、
自分を見つめることで、
自分の中のゆがみを取り戻せるチャンスといえるのです。


病院に行って診断を仰ぐのも、もちろん大切な解決法ではありますが、
自分の内側からの声にも、耳をすませてみましょう。

脳の機能は、とてもひと口では言い表せないくらい多岐にわたっていますが、
シンプルなとらえ方をすると、
今自分に起きている症状の解決の糸口が見つかるかもしれませんね。

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:脳幹がHelpと叫んでる!


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事