笑う門には、やっぱり福が♪

悲しいとき、嬉しいとき、
感動したとき、辛いとき、
人は色々な場面で涙を浮かべますが、
涙って、出やすい人とそうでない人がいますね。

私は最近少し涙腺が緩んできましたが、
以前は人前では極力涙を見せないようにしていました。

友人には、私と違って、
「あら、もうハンカチを取り出しているわ」というくらい、
ちょっとしたことでもすぐ感激して、うるうるする人もいます。

俳優さんなどは、役の上とはいえ、
必要な場面になると、都合よく涙が出てくるものだなぁと思いますが、
涙の出方には、脳の働きがかかわっているんだそうです。

大脳には「行動中枢」と「感情中枢」があって
お互いに影響しあっていますが、
この働きを利用することで、
悲しい場面ではちゃんと涙が流せるようになるのだそうですね。

「行動」と「感情」をうまく影響させあうというわけです。
悲しい出来事があって感情が揺さぶられると、
涙が出て泣くという行動につながります。

役の上で泣かなければいけない時には、
自分の役に感情移入して悲しい顔を作ると、
それによって悲しいという感情が高まって
涙が出るという行動につながります。

さらに泣き崩れるという行動が加わると
その行動が感情に影響を与えてますます悲しくなり、
もっと涙も出てくるということになるようです。

そう考えると、怒った表情をしていれば、
態度が乱暴になったり、とげのある言い方をしそうだし、

つまらない顔をしていると、ついため息をついたり、
ぐずぐずした態度になりそうです。

同じように、ニコニコしていれば気持ちが軽く明るくなり、
楽しい気分になって、人にも優しくなれそうな気がしますよね。

ニコニコ笑うという行動が、感情に影響を与え明るく楽しくなる。
感情が明るく楽しくなると、行動が前向きになれる。

前向きな行動をしていると、やる気が出てくる。
やる気という感情が出てくることで、
てきぱきと仕事がこなせるという行動につながり、結果がでるという風に、
いいスパイラルが起きそうです。


食卓でもそうですね。
子供の頃、食事時に怒られると、居心地は悪いし味わう気分も失せて、
よく噛まずにそそくさと食べていたものでした。

だから自分の子供には、いくら言いたいことがあっても、
食事の時には面白くない話題は持ち出さないことに決めています。

ムスッとしていると楽しくないし美味しくないし、
そんな気分で食べていると、
せっかく食べたものが効率よく消化吸収もされません。

本人はもちろん、
一緒に食べている人にも悪い影響を与えてしまいますから、
気をつけたいですね。


ニコニコしたり笑うのは、お金もかからず手軽に出来ること。

マイナスの「感情」や「行動」にはマイナスの結果が、
プラスの「感情」や「行動」にはプラスの結果がついてくるならば、
表情をプラスに変えることで、
いろんなことがプラスにつながってきそうな気がします。

「笑う門には福来る」という言葉の通り、
笑うという行動をはじめることが、
幸せへとつながっているのかもしれませんね。

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:笑う門には、やっぱり福が♪


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事