よい眠りに効果的な色は?

体をリラックスさせることは健康を保つのに大切なことですが、
良質な睡眠をとることも、これまたとっても大事。

色によって、眠りを誘ったり逆に妨げたりするってご存知でしたか?

眠りを誘う色は”青”です。
眠れないときは青い色のものを見てみましょう。

青には、神経の興奮を鎮めて落ち着かせたり、心身の回復力を高めるほか、
早い脈拍をゆるめたり、炎症を治したり、
さらには悪い夢を軽減する効果もあるそうですよ。

高血圧の人の神経の緊張を軽減するために、
ブルー系のパジャマを着るのも効果があるとか。

ただし、一番冷たい色でもあり鎮静力がありますから、
寒い時期にシーツやふとんを水色にすると、
いつまでも体が温まらないので気をつけて。

逆に暑い夏の夜には、
ブルーの寝具だとひんやり感じて、よく眠れるということになりますね。

ぐっすりと質のいい睡眠がとれるこんな簡単な方法、
是非試してみましょう♪

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:催眠効果のある色はブルー


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事