勉強しなさいと言うまえに――脳を活性化する栄養素と食べ物

勉強、勉強と言いたくはないけれど、
やはりやるべきことはしっかりやってほしいのが親心。

でもただ言うだけではダメで、
体と同じように脳も健康でないと、
習ったことが頭に入っていきません。

子どもだけではありません。
大人も、いくつになっても新しいことにチャレンジしたり、
脳を老化させないために、
脳の健康を守る必要があります。

脳の健康と食べ物の関係をみてみると、
脳を活性化する栄養素には、
DHA(ドコサヘキサエン酸)、レシチン、糖質、
コリン、アミノ酸などがあります。

このうちレシチンは大豆やその加工品、卵黄に含まれていて、
脳のニューロンの接合部分であるシナプスで分泌される、
神経伝達物質の合成に欠かせない大切な栄養素です。

それなのに、
現代人のほとんどはレシチン不足だそうです。

大豆にはアミノ酸、コリンも含まれているので
脳を活性化するにはもってこいの食品。

大豆もその加工品も、アレンジしやすく色々な形で摂りやすいので、
毎日何かしら食べるようにしたいですね。

糖質は脳や神経系に対する唯一のエネルギー源ですから、
欠かすことはできません。

米、小麦粉、穀物類、砂糖、はちみつなどに多く含まれますが、
中でも効率的に摂取できるのは米です。

毎朝きちんとご飯を食べる、そんな簡単なことが、
脳をしっかり働かせることにつながりそうですね。

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:勉強しなさいと言うまえに。脳を活性化する栄養素と食べ物



      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事