素直に「ハイ」と言ってみる

「ありがとう」と言う言葉が良い運命を引き寄せると言う話は、
すでにたくさんの方がご存知ですよね。

「ありがとう」なんて、当たり前の言葉のようですが、
これだけ話題になるということは、
なかなかすんなり言えていなかった方も多かったのでしょうか。

では、「ハイ」と言う言葉はどうでしょう?

何かを言われたら、とりあえず「ハイ」。
うるさくしつけられた私には、
ごく自然な返事だと思っていたのですが、
これもまた言えていない方も多いようです。

「○○ちゃん」
「○○してくれないかしら?」
「こうした方がいいんじゃない?」
「そこはそうじゃないわよ」

そんなときにすぐ「ハイ」と言えないときの心理には、
何か用事かしら」「イヤだな」「私はそうは思わない」とか、
「だって」とか「でも」といった反発的な気持ちや、
素直でない心が隠れています。

もちろん、言われたことが全て正しいとは限りませんが、
いきなり「でも」「だって」と口にしたり、返事をしなかったりするよりは、

「ハイ」
「ハイ、でもちょっと手が空いていないから」
「ハイ、今やりかけのこれが終わってからでいいですか」
「ハイ、でもここはこうじゃないでしょうか」
というだけで、ずいぶん受け取る側の印象が変わると思いませんか?


言葉は言霊とも言われますね。
言霊の中で、「ありがとう」という言葉は一番霊的な力が強いのだそうです。

そして「ハイ」という言葉は「ありがとう」に通じているそうなんです。

「ハイ」は漢字では「拝」と書いて、「拝む」という意味になります。
「拝む」という行為には感謝の心が込められているので、
「ハイ」は「ありがとう」に通じているのですね。

素直に「ハイ」が言えている人は、
「ハイ」と言うたびに「ありがとう」といっているのと同じ。
「ハイ」と言うたびに、良い運命を引き寄せているということになります。

素直に「ハイ」と言えているかしら?
自分をちょっと振り返ってみましょう。

人に感謝すると、その感謝が形になって自分に戻ってます。
そして、いつでも「ハイ」と言えるかどうかは、
素敵な出会いとも関係してくると言います。

何か言われるたびに、ひとまず「ハイ」と返事をする。
日々それをくり返していると、自然に
「ありがとう」を積み重ねていることになります。

きっと素敵なことが起こりそうな気がしませんか?

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:素直に「ハイと」言ってみる


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事