瞳でわかるあなたの心

人の色々な感情は体に現れ、それを「表情」といいます。
ほとんどの場合顔に表れるものですが、
身振り手振りに現れることもあります。

身振り手振りは国や文化で違ってきますが、
幸福・驚き・怒り・嫌悪・悲しみ・恐れ・軽蔑の
7つを現す表情は、国や文化を超えて共通しているそうです。

ただ、表情から相手の心理を読むのは難しいようで、
6~7割しか当たらないとか。

表情だけではわからない人の本心ですが、
実は瞳孔の大きさで見抜くことが出来るんですって。

一般的に、興味のないもの、嫌っているものに対しては
瞳が縮小します。
興味があれば当然その逆ということですね。

たとえば、物を購入するよう勧められた場合、
口では断っていても瞳がしっかり開いていたり
視線がその品物に注がれているときには
購買欲があるということの現れです。

セールスマンの中には、しっかりこのポイントを掴んで
瞳の拡大縮小でお客さんが買う気があるのかないのかを
判断している人もいるそうですよ。

売り込まれたくないとき、これを逆手に取ると・・・・
瞳の調整はちょっと難しいので、
なるべく品物から目をそらすとか、
セールスマンの顔を見ないようにするなどして、
自分の意図を読まれないようにすればいいですね。


子供の瞳をしっかり見たら、
気持ちをある程度つかむことができるかしら?

子供が望んでいるのかいないのか、
ホントは好きなのか嫌いなのか、
言葉にならない気持ちを汲むことができればいいなぁ。

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:瞳でわかるあなたの心


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事