β-エンドルフィンで麗しき人生

脳波がα波状態になると、
脳内にβ(ベータ)-エンドルフィンというホルモンが分泌されます。

このβ-エンドルフィンには、
モルヒネの6倍もの鎮痛効果、快楽作用があるといわれていて、
「脳内モルヒネ」「脳内麻薬」「ハピネスホルモン」
などと呼ばれることもあります。

・苦痛を和らげてくれる、
・免疫力を高めてくれる、
・老化を防いでくれる、
・自然治癒力を高めてくれる

という、なんともありがたいホルモンなんですね。

血液やリンパ液などの体液を、
さらさらの流れやすい状態に整える働きもあるそうですから、
美容にも大いに役立ちそうです。


一方、怒ったり強いストレスを感じたりすると
脳からはノルアドレナリンという物質が分泌されます。

これもホルモンの一種なのですが、
こちらは強い毒性を持っていて、
長時間その状態が続くと、
病気や老化の原因にもなるというのですから問題。


たとえば人から何か言われて、「いやだなぁ」と思うと、
脳の中では毒性のあるノルアドレナリンが分泌されるんですって。

ちょっと「どきっ」としませんか?
しょっちゅう怒ったり、人を憎んだり嫉妬したり、
不愉快だなぁと感じながら生きていると、
それだけで
病気を招いてしまうことになりかねないということですよね。

逆に「いいな」と思うとβ-エンドルフィンが分泌されるそうです。


たとえ嫌なことでも、なんとか肯定的に捉えて、
「ま、そんなこともあるさ」とか
「そうかぁ、ま、しょうがない」なんて考えてみる。

それだけのことでノルアドレナリンの分泌を抑えて、
β-エンドルフィンの分泌を促し、
免疫力のある健康な体になれたり、
老化を防いで美しくなれたり、
もひとつおまけに、記憶力も向上するというのですから、
物事の捉え方をそんな風に変えてみることで
人生がちょっと変わるかもしれませんね。


β-エンドルフィンは、
気持ちいいとき、楽しいと感じているとき、
笑っているとき、趣味に没頭しているとき、
恋したり、愛する人と素敵な時間を過ごしているとき、
そんなときに分泌されやすいそうですから、
つとめてこういう状態に自分を持っていきたいですね♪

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:β-エンドルフィンで麗しき人生


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事