ピグマリオン効果

ピグマリオン効果という言葉を聞いたことがありますか?

ギリシャ神話に登場する
ピグマリオン王の逸話にちなんだ現象のことをさします。

自分で作った女性の彫刻があまりにも美しく、
恋をしてしまったピグマリオンは、
彫刻に命が宿ることを祈り続けました。

その結果、神によって彫刻に命が吹き込まれ、
幸せに暮らしたというお話から、
心から願って期待し続ければ、その期待が叶う、
相手もその期待に応えようとするようになるということです。

人の心理には、相手の期待に対して
常に敏感に反応するという動きがありますから、
人は「そのように」扱うと、「そのように」なるということになります。


これを子どもの日常にあてはめてみましょう。
例えばあまり成績がふるわないわが子に対して、

「この子はどうせダメなんだから」と心の中で思い、
「ほら、勉強しなきゃいい点取れないわよ」
なんて言って過ごした場合と、

「この子はやれば出来る」と信じ、
「あなたはちゃんと出来るんだから、頑張ってね♪」
と、期待の言葉をかけ続けた場合。

試験の日を迎えたときには、大きな差がでています。

自分が子どもだと考えてみると、
期待されているんだと感じた方が、
やる気になれると思いませんか?

期待は、言葉をかえれば信頼するということにもなります。
信頼されると、その信頼に応えようと思うのが、
人の自然な心理ではないでしょうか。

ただし、期待しすぎは逆に子どもの負担になるばかりですから、
ほどほどにしましょう。


どんな面でも、
「ダメね」って思わずに期待と信頼を寄せるのはもちろん、
子どもの得意な面や長所を見つけてあげる目もすごく大事です。

得意なことなら、期待されると本当に伸びていきます。
そしてその子の大きな財産になっていきますよね。


ダンナさまに対しても同じです。
例えば、思うように昇進できていないダンナさまに、
「まったくこの人ってダメねぇ」と冷たい態度をとっていると、
いつまでたっても昇進できないままかもしれません。

どうせなら自分の心の中でも
「きっとこの人は昇進できる」と信じ、
「あなた、きっと大丈夫よ。期待してるから♪」と言っていれば、
その期待と信頼に応えてくれるのではないでしょうか。

彫刻に命を吹き込むほど大変なことではなくても、
期待と信頼を寄せることで、
相手をその期待に近づけて、より良い方向へ持っていけそうなこと、
身の回りにたくさんあると思いますよ♪

幸せを呼び込む健康レシピと心のレシピ:ピグマリオン効果


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事