睡眠不足は肥満を招き、お肌と脳の老化を早める

以前、睡眠不足は肥満を招くというお話しをしたことがありますが、
その後目にした資料でも、アメリカでの研究で、

平均睡眠時間が4時間以下の人は、7時間以上の人に比べて
73%も肥満になる確率が高いというのがありました。

別の調査・研究では、睡眠時間が短いと
普段より20%も多く食事を摂ってしまうとか、
甘いもの・塩気の多いもの・炭水化物など
太りやすい食べ物を好んで食べてしまうというのもありました。

人の体にとってホルモンのバランスというのはとても大事ですが、
睡眠不足になるとホルモンの分泌がアンバランスになるので、
食欲のコントロールが効かなくなるのが一因のようです。


睡眠は肥満だけでなく、美しいお肌のためにも不可欠。

健康な肌は一定周期で新しい肌に生まれ変わりますが、
睡眠が足りないと、この肌代謝(ターンオーバー)が乱れるんですね。
乱れると古い角質が残ったままになり、
お肌の表面は硬くなって、シワやくすみの原因になります。

この肌代謝を促進するのが成長ホルモン。
成長ホルモンの分泌は、20歳を過ぎると徐々に減少してきますが、
ぐっすり眠ることによって成長ホルモンは分泌されます。

若さを保つには、なるべく自分の体から
成長ホルモンが分泌されるようにすることが大事。
そのためには十分な睡眠が必要になるということですね。

つまり、しっかり寝ることで成長ホルモンの減少を抑え、
肌代謝を活発にすることが出来るというわけです。

眠っている間でも特に肌代謝が活発なのは、
多少個人差はあるものの、だいたい眠りに入ってからの3時間、
「ノンレム睡眠」といわれる時間のようです。

それから脳科学の視点からも睡眠は重要で、
6時間以下の睡眠では
脳の成績がすごく落ちることが証明されているそうです。

健康にも、お肌にも、そしてこれまた若さを保っていたい脳にも、
睡眠が足りないと、どうも
私たちにとってはマイナスに作用することが多いようですね。

私は若い頃は、睡眠時間は短くても平気で、
寝てる時間がもったいない派、
いくら寝不足でも、昼寝も全くしない人間だったんです。

でも睡眠についてのこんな情報を知ってからは、
夜さっさと寝るようになりました。

そしてこのところのように睡眠不足の時には、
昼間でも状況が許す限り、
睡魔の誘いのままにちょっとでも睡眠補充をしています。

ダイエットと脳細胞の働きと美肌に、
効果が出つつあるかしら???


あなたは、睡眠が足りていないなぁと感じてはいませんか?

睡眠不足では結局脳の働きも低下していますから
少し早めに寝て気持ちよく目覚めるようにしてみましょう。
その方が、仕事も効率よくはかどるかもしれませんよ♪

心の健康レシピ:睡眠不足は肥満を招き、お肌と脳の老化を早める


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事