ネットを賢く利用する

現在はこうしてサイトを運営したり、メールマガジンを発行したりしている私ですが、
もともとは超アナログ人間。
パソコンはかなり前から家にあったものの、使うのはメールくらい。
何度かインターネットの検索をしてみたけれど、
どうも必要な情報にたどり着けなかったり、
表示されたサイトの内容があまりにもお粗末で
「ネットで得られる情報ってこの程度のものなのか」
「大して役にはたたないんだ」と思ったまま、何年も過ごしてしまいました。

思い込んだっきり、その後のインターネットの急激な進展に、
まったく目を向けていなかったわけですが(汗)、
とあるきっかけでインターネットに触れることとなり、
以前の私からは考えられないことですが、
サイトを自分で作ったり、メールマガジンを発行したり、
そのほかにも、日々インターネットを利用するに至っています。

まだ買い物などは、現物を見ないと納得できないものも多いですが、
書籍やどこで買っても品質が同じものなどは、
値段を比較してネットで買うようになっています。

でも、買い物よりはるかによく利用しているのが検索機能。
ちょっとでもわからないこと、疑問に思うことがあったら
さくっと検索して、調べるようになりました。

いちばんお世話になっているのはウィキペディアでしょうか。

ウィキペディアというのは、オープンコンテントの百科事典で、
内容をブログなどの記事に引用することが許可されているインターネット上の辞典です。

オープンコンテントというのは、文章、画像、音楽などの創作物などを
法律的に保護された共有した状態に置くことです。
その状態にある文章、画像、音楽などの創作物等のことを指したり、
それら創作物に対して複製や配布、改変などの制約がかけられないことをいいます。

百科事典というくらいですから当然といえば当然かもしれませんが、
「へ~、こんなことまで」というくらい、
あらゆることが網羅されているという感じで、ありがたく利用させてもらっています。

それから、文章を書いていて漢字や外国語のつづりを確認したいときなどには、
Yahooなどのポータルサイトにある辞書も利用します。
まとまった文章の翻訳にはそれなりの辞書が必要ですが、
ちょこっと確認する程度なら気軽に使えてとても便利です。

せっかくインターネットを使える環境にあるのなら、
ほんの数年前までの私みたいに、宝の持ち腐れにならないよう、
お買い物はもちろんですが、
知識を増やして自分を磨くためにも
賢くインターーネットを利用しましょう。


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事