自分を信じると人生が変わる

いくつになっても何かにトライするのは素敵なことで、
若さを保つのにもとっても効果的。

ただ、思ってはみても
すんなり取り組めないことも多いようです。

そんなときに口にする言葉が「でも」そして「どうせ」。
口に出すより、
心の中でつぶやくことのほうが多いかしら。

しかぁし!
「でも」とか「どうせ」は、幸せを妨げる言葉だそうですよ。

行動しようと思ったことに対してちょっと不安があったり、
現状を変えることを恐れていたりすると
ふと口をついて出てくる言葉です。

「できるかも」
「いや、やっぱり無理だ」
「失敗したらイヤだもんなぁ。。。。。。。」


現状に満足していて、何も変える必要がなければ問題ありませんが、
行動しようとしているということは、
何かしら今とは違う状況を求めていると言えそうです。

そんな、行動しようかという気持ちに対して、
「でも」とか「どうせ」という言葉が出るのは
自分に自信がなくて、
行動を起こさないことへの言い訳をしているからなんですね。


「でもねぇ、今はそんなお金ないから」
「でも、住んでるところが悪いから」
「どうせこんな学歴だから」
「どうせ子どもがいたら無理よ」
  ・
  ・
  ・
  ・
「どうせ私の人生なんて」
  ・
  ・
 !!!!!


「でも」ね、「どうせ」そんな人生だって思っていたら、
一生その人生は変わらないようです。
行動を変えないと人生って変わらないから。


自信というのは
自分の能力や値打ちを自ら信じる気持ちのこと。
つまり自分を信頼するということです。

誰でもその人なりの個性とか、
その人なりの能力を持っていると思うのですが、
自分に自信があるかないかは、
それを自分で認めてあげるかあげないか、それだけの違い。

なかなか自分に自信が持てないときは、まず
ささいなことでも、
自分のやったことを自分でほめてみましょう。

自分で自分に言うだけなので、
「それくらいのことで、自分をほめるの??」
なんて揶揄される心配もありません。
ほめ放題です(笑)。

自分をほめるということは、
自分を認めることになりますから、
自分をほめることを少しずつ積み上げていけば、
自然に自分に自信がついてきます。

そうしたら、
「でも」とか「どうせ」じゃなくて、
「まぁ、やれるだけやってみようかなぁ」
なんて思えてきますね。

するとそこで、行動を変えることができます。
よりよい人生を送るための行動を起こせるようになります。


何かするたびに、
「私ってすごい♪」「よくやるじゃん、私♪」
を口癖にしたら

行動を変えるのがとっても楽になって、
人生がさらにいい方向へ進んでいきそうですね♪
hana051.gif


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事