理性と本能のぶつかり合いを防ぐには

人の脳は大きく分けて
脳幹と本能脳と理性脳からできています。

脳幹は、心臓や胃、腸等の内臓器官や
呼吸、体温調節などの自律神経をコントロールしています。

私たちが意識せずとも、
せっせと生命活動が続けられているのは、
この脳幹のおかげです。

その周りにあるのが本能脳(動物脳とも言います)。
「~したい」とか人やものが好きだとかいう、
欲求や本能をつかさどっています。

その周りにあるのが理性脳。
人間に理性は必要ですが、
理性が強すぎると、
「~でなければならない」とか「~しなければ」
という思いにとらわれがちになります。

おわかりのように、
本能脳と理性脳というのは相反していますね。

本能のままに生きていると
ちょっと大変なことになるので、
今の私たちは、
理性脳が本能脳を押さえ込んでいる状態なんですね。

でもこれって、本能脳にとっては
すごいストレス。

この本能脳のストレスがたまりすぎると、
内や外へ向かって爆発してしまいます。

内側へ向かうと、脳幹が壊されて
自立神経失調症などに、

外へ向かうと、
抑圧が暴力などになって現れたりします。

こうなると修復するのは大変!

だから時々、本能脳を開放してあげることが
心のバランスを保つにはとっても大切。

本能脳を開放するにはどうすればいいのか?
  ↓
  ↓

  ↓
  ↓
「バカになる」

というと表現が悪いかもしれませんが、
心理学的には「情動発散」といいます。

・カラオケで思いっきり歌う
・スポーツをする
・好きなスポーツの応援をする
・ただ叫ぶ(場所を選びましょう)
・お酒を飲む(ただし酩酊はよくありませんが)
・好みのアロマを焚く
・お祭りに参加する
・ペットと戯れる
・趣味に没頭する(モノを作る、ガーデニングetc)
などなど、

「なぁーんだ」っていうようなことですが、
心を、そして
心の影響を受ける体を健康に保つには
とーっても大切なことなんです。

「ちょっとストレスがたまってきたかな?」とか、
「なんだかイライラしてるわ、私」と思ったら、
上手に「情動発散」してくださいね♪
幸せを呼び込む心のバランス術::理性と本能のぶつかり合いを防ぐには(情動発散)


      ブログランキングに参加しています♪
      blogranking-banner2.gif
        ↑ 上のバナーをクリックしていただけると、励みになります♪

関連記事